後景草にポタモゲトン・オクタンドルス

2009/02/17  2016/08/21  水草  閲覧所要時間: 約2

ということで、今回はポタモゲトン・オクタンドルス(以下オクタンドルス)について。

背景に背の高い水草を使いたくなって、まずはエレオカリス・ビビパラを使ってみたのですが、綺麗に維持できず挫折orz

その後、オクタンドルスの存在を知り変更しました。

チャームさんで、とりあえず50本ほど購入して植えてみたのが下の写真。

一番後ろのヒョロッとした長いやつがオクタンドルスです…

うほっ!?なんぞこれwww って感じです(笑

産まれたての赤子の頭といいますか、淋しくなったお父さんの頭といいますか。

珍妙な背景になって、この時は失敗しちゃった感でいっぱいでした(笑

1本1本は細い水草なので、さすがに50本じゃスカスカです。

しかし幸いにも成長は早いようで、まずは密度をあげるためにトリミングして差し戻しを繰り返しました。さながらアートネイチャーですね。

これがホントのネイチャーアクアリ(ry

上の写真が約1ヶ月後の状態。

あまり変わっていないように見えますが植えた直後よりはマシになってきました。

正面からは見えませんが、親石の後ろもちゃんと植えていますよ〜。

オクタンドルスは気泡をたくさんつけるのでとても綺麗ですね〜。

あ、ちなみにチャームさんの情報によれば「底を地下茎が這ってランナーを出すように増えたり、枝分かれにより増えます」とありますので、新しいソイルとかだと差し戻ししなくても勝手に増えて楽できそうです。

現在はさらに密度をあげて結構良い感じになってきていますよ〜。

トリミングせずに放っておくとすぐ水面に到達するのですが、ユラユラとたなびく様子もなかなか◎です。

その様子はまた後日。初めはヒョロヒョロで失敗感いっぱいでしたが、今ではお気に入りの水草です。ビビパラとはまた違った緑のカーテンを奥さんどうですか?(笑

zoe
スポンサーリンク
あともう"一記事だけ"読んでみませんか?