僕が出会ってから7年以上経った今も、ADAの水景が1番好きな理由。

2014/03/10  2015/09/03  レイアウト  閲覧所要時間: 約2

こんにちはー、今年はIAPLC(世界水草レイアウトコンテスト)に参加しようか迷い中のゾエ(@zoe)です。

今回は僕の好きな水景・作りたい水景についてのお話を。

スポンサーリンク

世の中には色んな構図・レイアウトの水景があるけれど

60cm佗び草水槽

巧みな技術で細かいところまで作りこまれた、誰もが息を呑むような、見る人を圧倒するような、美しいアートのような、そんな水景。

それは本当にとても素晴らしいものだと思いますが、僕が好きな水景・作りたい水景はそれらとは少し違うと思いました。

僕が好きな、作りたい水景ってどんなものだろう?

水景を眺める

僕は「部屋にいながら自然を感じることができる、リラックスしていつまでも眺めていられる水景。」そんな水景が好きだし、今は全然できていませんが、いつか作れるようになりたいです。

まだまだ青二才の僕が言うのもなんですが、それなりの数の様々な水景を見てきた中で、今もやっぱりADA(天野尚さん)の作る水景が好きなのは、そういった水景が多いからだと思いました。他にも、よくコンテスト上位に入賞している小野昌志さんと菅野裕さんの水景も好きです。特に小野さんの2004年・2006年の作品が大好きで、ADA以外では僕のベストアクアリウムです。

参照:一度水族(中国語サイト)

ちなみに画像はうちのダイニングです。子供の頃はご飯を食べながらテレビを見ると見ると叱られたものですが、今はご飯を食べながら水景を眺めていると叱られます(笑)

zoe
スポンサーリンク
あともう"一記事だけ"読んでみませんか?