前景〜中景に使える水草、ストロギネ・レペンスを植えてみた!

2014/03/19  2015/01/06  水草  閲覧所要時間: 約2

こんにちはー、水草を追加するのが楽しいゾエ(@zoe)です。今回は下草のポイントとして新たに水草を追加してみました。

スポンサーリンク

ストロギネ・レペンスを新たに追加!

ストロジンsp.カップ

ストロギネ・レペンス(旧名:ストロジンsp.)という水草です。

有茎草ながら背が10cm程度にしか成長せず、前景〜中景に使いやすい水草です。成長はやや遅めで、ある程度少ない光量でも育成可能。強光量だと匍匐性が増すのだとか。

ストロギネ・レペンス

今回は組織培養カップのものを購入してみました。ぱっと見た感じ状態は悪くないようですね。

取り出したらフランス料理っぽかったw

フランス料理風ストロギネ・レペンス

カップから取り出してみたら、なんだかフランス料理の前菜みたいになってた(笑)

寒天?に植えて無菌状態で培養されているみたいです。初めは何だこりゃ!?って思いましたが、ポット売りのウールより取り除きやすくて下準備はしやすかったです。ササッと水洗いで寒天はすぐに取れます。

ストロギネ・レペンスを石組の際に植えてみた!

ストロギネ・レペンス

石組の際に植えてポイントにしてみました。ニューラージパールグラスとの相性(見た目)も悪くはないと思います。

ヤマトヌマエビ

植えて間もなく、早速ヤマトヌマエビがツマツマしにやってきました。

ヤマトって新しく水草を植えると、すぐに近寄ってきてツマツマしませんか?水草に限らず手を入れただけで寄ってくることもありますね。好奇心旺盛というか、かなり肉食系だなぁといつも思います(笑)

無農薬!新しい前景草!(水草)ストロギネ レペンス

zoe
スポンサーリンク
あともう"一記事だけ"読んでみませんか?