レッドライントーピードバルブとアンゴラバルブが仲間入り。

2012/04/19  2015/01/06  熱帯魚・エビ・貝 雑記  閲覧所要時間: 約1

ということで「今年はブログの更新がんばります!」みたいなこと言いながらガッツリ放置してました。ヤバいヤバい(笑

スポンサーリンク

赤と黒のラインが特徴的なバルブ

レッドライントーピードバルブ

今回の写真は、ちょっと前から新しく仲間になった”レッドライントーピードバルブ”と”アンゴラバルブ”です。あとオマケでヤマトヌマエビ様。トーピードバルブは結構大きくて迫力ありますね。最大で20cmくらいになるらしいので90cm以上の水槽が望ましいです。見た目はサイアミーズフライングフォックスの豪華バージョンみたいな感じですね(笑

何年か前までは高価な魚だったようですが最近はだんだんリーズナブルになってきました。

(参考価格:1匹500〜1,000円)

アンゴラバルブ

アンゴラバルブは撮影しようとするとどうしても黒いバンドの方にピントがいっちゃうなぁ。AFじゃダメか。若干臆病な印象で、餌もあんまり食べてくれないのでちょっと心配。買い込むとオレンジの体色が濃くなり見応えがあるみたい。

ヤマトヌマエビ

我らがヤマトヌマエビ様。30cm水槽とかではサイズが大きすぎてあまり好きじゃありませんでしたが90cm水槽だと大きさも全く気にならないし、コケ取り能力も高いので今ではうちの救世主。あと勝手に増え過ぎないのも良いですね。ミナミヌマエビとか放っておくとガンガン増えて収集つかなくなりますからね(笑

zoe

あともう"一記事だけ"読んでみませんか?

PAGE TOP