ヤマトヌマエビの脱皮!抜け殻って結構キレイですよね?

2015/09/13  2015/09/13  初心者向け 熱帯魚・エビ・貝  閲覧所要時間: 約3

こんにちはー。エビフライが好きなゾエ(@zoe)です。ヤマトヌマエビやミナミヌマエビなど、水槽内で飼育しているエビが脱皮することがありますが、キレイに抜け殻が残っていることがありますよね。
今回はそんなエビの抜け殻についてのお話です。


スポンサーリンク

ヤマトヌマエビの抜け殻を撮影してみた!

ヤマトヌマエビの抜け殻
1200×720

エビの抜け殻は、水槽内ではあまり見栄えが良くないので、普段は換水時にホースで吸い出します。又はそのまま放置していると、エビが食べているのか微生物に分解されているのか、いつの間にか無くなっていますよね。
今回も換水時に捨てようと思いましたが、抜け殻がキレイに残っていたので思いつきで撮影してみたら謎の宇宙生物っぽい感じになりました(笑)


プラ容器に入れて撮影

このように透明プラスチックの容器に水を入れ、下に黒い厚紙を敷いてから撮影しました。気泡が星のように見えて宇宙っぽさを演出。ええ、たまたま偶然ですけどね(笑)


ヤマトヌマエビの抜け殻

今度は上から撮影(色は画像加工しています)。足の部分がとれちゃってますが、なかなかキレイな状態です。それにしてもエビって、触覚とか毛の部分までキレイに脱皮しますね。改めて見ると凄いし何だか不思議!


脱皮について注意したいこと

脱皮は基本的には成長している証でもあるので、何も気にしなくて大丈夫です。しかし、いくつか注意したいポイントもあります。

ヤマトヌマエビ 抱卵

抱卵したメスは要注意

抱卵したメスの場合、お腹に抱えた卵ごと脱皮してしまうこともあります。そうなるとそのまま卵がダメになったり、他の魚やエビに食べられてしまいます。多量の換水などで大きく環境が変わると脱皮を誘発することもあるようです。
ヤマトヌマエビは淡水での繁殖がほぼ不可能なのであまり考えなくともよさそうですが、ミナミヌマエビやレッドビーシュリンプなどで抱卵した個体がいる場合は少し注意した方がいいかもしれませんね。


抜け殻を陽の下で見ると綺麗

脱皮直後は敵に狙われやすい

エビの脱皮直後は一時的に殻が柔らかくなっているため、魚に食べられやすかったり他のエビに攻撃されることもあるので注意が必要です。水草が繁茂した環境なら隠れる場所が多く、生存率が上がりますね。

ちなみに何故、脱皮をすると成長するのでしょうか?
エビ(節足動物)の殻の内側には細胞が並んでおり、脱皮の直前に縦方向に分裂します。そして脱皮直後の殻が柔らかくなった時に今度は細胞が横方向に広がり、脱皮前より一回り大きな体になります。これを繰り返すことで成長しているんですね。


あとがき

zoeエビの抜け殻なんて普段見慣れて何とも思わないかもしれませんが、あらためて観察してみると結構おもしろいですよ。今度エビの抜け殻を見つけたら少し観察してみてはいかがでしょうか :)

zoe
  • Kimaaqu気ままにアクアリウム

    こんばんは。
    嫁の一番好きな食べ物がエビフライですw
    脱皮であんなに細い触覚も脱げるなんて
    凄いなって、いつも思っていました。
    なるほど、そういう仕組で大きくなるのですね~!

    • grassdesign

      Kimaaquさん、こんにちはー。
      をを、エビフライ仲間ですね(笑)
      触覚とか毛?とか、ホントそのまま脱げるので改めて見るとすごいですね :)

PAGE TOP