BIOみずくさの森で30cm水草水槽のレイアウトしてみた!

2016/10/19  2016/11/17  レイアウト 水草  閲覧所要時間: 約3
水草30cm水槽レイアウト

こんにちはー。グラノーラが好きなゾエ(@zoe)です。
今回は「30cm水草水槽を立ち上げよう!」企画の第3回目【BIOみずくさの森でレイアウト編】です。
第2回目では、流木や石にアヌビアスやミクロソリウムなどを活着させ中景をつくりました。第3回目は後景と前景に水草を植えていきます。

この記事も要チェック!
アヌビアスやウィローモスなどの水草を流木・石に活着させよう!
こんにちはー。絡まるコードが嫌いなゾエ(@zoe)です。 今回は「30cm水草水槽を立ち上げよう!」企画の第2回目、【流木に水草を活着させてレイアウト編】です。 アヌビアス…


スポンサーリンク

組織培養の BIOみずくさの森

BIO みずくさの森 ADA

30cmキューブ水槽(以下:30C水槽)のレイアウトに使用するためにADAの組織培養水草「BIOみずくさの森」を新たに購入しました。今回は次の水草をチョイス。

  • グリーン・ロターラ
  • ロターラsp. Hra
  • ロターラ sp.ワヤナード
  • ヒドロコティレ・ミニ

後景に有茎草のロタラ

有茎草 ロタラ

後景に有茎草を植えようと思ったのですが、気がつけばロタラ系ばっかり買ってますね。違う種類の水草も混ぜた方がメリハリが付いて良かったかもしれないけど
まぁいっか!

sp.ワヤナードが黄緑、グリーン・ロタラが緑、sp.Hraが赤と、水草の色には一応変化をつけたつもり。赤系の水草はインパクトが強いので、植栽量のバランスを考える必要があります。
…と言いつつ、僕の場合は綺麗な赤に仕上げられない可能性が大いにありますけどね(笑)
赤系の水草を綺麗に育てるには「鉄分」がキーになるっぽいです。


前景にヒドロコティレ・ミニ

ヒドロコティレ・ミニ

前景はグロッソスティグマにする予定でしたが、たまたまショップに在庫が無かったので、急遽ヒドロコティレ・ミニに変更。
これはオークロ(オーストラリアン・ノチドメ)のミニver.のようですね。はじめて育てるのでどうなるか楽しみ。オークロとの違いはサイズ以外に何かあるんだろうか。


植栽前の下準備

ロターラsp.Hra

まずは植栽前の下準備をします。みずくさの森は寒天状の培地に植えてあるので、寒天部分を流水で洗い流します。
ポット入り水草のロックウールと違って、寒天は簡単に取り除けるのでストレスフリーなのが良いですね。害虫や苔が混入する心配が無いのも◎

この記事も要チェック!
みずくさの森はアクアリウム入門・初心者にもおすすめの水草!
こんにちはー。水草の下準備が苦手なゾエ(@zoe)です。今回はADAからリリースされている組織培養の水草「BIOみずくさの森」のご紹介です。 BIOみずくさの森の特長 組織…


植えやすいように水草を小分け

少し面倒な作業ですが、いつものように植えやすいよう1本1本、または2〜3本くらいずつ小分けに。あとはピンセットを使ってプスプスと植えていきます。


水草植栽後の様子

レイアウトを正面からみる

水草30cm水槽レイアウト

さて、水草を植えた直後はこんな感じです。後景の有茎草はまだ背が低いので、前からでは全然見えませんね。うまく育てば後景にモッサーっと茂みができあがるはず。


レイアウトを上から見る

小型水草水槽レイアウト 上から

上から見たらこんな感じ。こっちの方が分かりやすいかな。
30C水槽って60cm水槽の半分以下の容量だし、縦横比が1:1なので“広々とした草原”みたいなワイドのレイアウト表現が難しいですね。不可能ではないんでしょうけど。

どちらかと言えば“鬱蒼とした森”とかマクロなレイアウト表現の方が表現しやすいと思います。


ポゴステモン・ヘルフェリー

流木の際などに、余っていたポゴステモン・ヘルフェリーを追加しました。この水草、なんとなく育てるのが難しそうなイメージでしたが、意外とすぐモサモサになります。


あとがき

zoeリアルタイムでブログ更新してたら良かったんですが、実はこの立ち上げしたのは結構前なので、現在は少し様子が変わっています。その話はまた今度ということで。皆さんもよきアクアライフを :)

zoe
  • Kimaaqu気ままにアクアリウム

    こんばんは!
    zoeさんらしい丁寧で繊細な感じのレイアウトですね!素敵だと思います♪
    赤系が赤くなり、下草が這ってくれることを願っています(^ ^
    ↑当たり前なのでしょうが、なかなか難しく
    我が家ではインディカが赤くならず、グロッソやノチドメが這ってくれません(^ ^;

    • grassdesign

      Kimaaquさん、こんばんはー。
      「赤系が赤くなり、下草が這ってくれる」って、仰る通り当たり前のようであり、なかなかそうならない現実がありますよね(笑)
      実は僕も赤系は苦手でして、他の方みたいに真っ赤にできたことは一度もないです;

  • けいた

    組織培養の水草、一度使うとそれしか使えなくなるくらい便利ですよね~
    なにより害虫やコケを持ち込まないのが魅力的です。
    その分少し値は張りますが・・・いや意外と量も取れるしそんなことないですね!

    30cということもあって葉の小さい有茎草をチョイスしたくなりますよね~
    ノチドメのミニ、すごく気になっていたので経過が楽しみです:)

    • grassdesign

      けいたさん、こんばんはー。
      組織培養の水草は今のところデメリットらしきデメリットは無いですね。
      確かに若干値が張る印象はありますが、おっしゃるように意外と量があるので
      ヘタすると鉛巻きの束で買うより安い場合もあるかもしれませんね(笑)
      ヒドロコティレ・ミニは、なかなか良いですよ。また改めて書きますね :)

PAGE TOP